01 2016

文化資源としての仏教

「文化資源学(Cultural Resources Studies)」は、有形・無形の文化を「文化資源」として捉え、多角的に研究する学問領域である。従来の「文化遺産」や「文化財」といった価値規範にとらわれず、横断的な研究により、幅広い「文化資源」の保護・継承・活用を目的としている。文化資源学では、物質文化、身体的行為、文献資料など様々な文化を研究対象とすることで、現代の学問領域では細分化されすぎて学域を超えた研究が難しい、特定の研究を大きな体系のなかで位置づけることが可能となる。
本研究会では、こうした文化資源学の視点に基づき、仏教にまつわる様々な文化を「文化資源」と捉えなおし、その歴史と現状、将来的な可能性について、様々な観点から考えていく。
これまでの仏教に関連した研究は、経典や教義に関する文献学的・思想史的な研究や、アジアや日本の仏教史・仏教美術史などが中心となってきた。その蓄積は膨大だが、一方で既存の研究が対象としてこなかった仏教文化が、私たちの目の前には数多く存在する。それらは、おおよそ近代以降に誕生したため、主に前近代の仏教思想や文化に関心を集中させる多くの研究者たちの視野の外に置かれてきた。だが、仏教にまつわる文化を、既存の研究枠組みから自由になって見直したとき、私たちの生活にとってほんとうに重要なのは、そうしたこれまで取りこぼされてきた近代的な仏教文化なのではないだろうか。
本研究会は最新の仏教文化研究を学ぶと共にワークショップや連続講座を通して、誰もが参加できる学びの場を提供することである。
三井寺の蓮池