仏教文化資源研究会

Buddhist Cultural Resources Study Group

06 2019
rakan9.jpg 


第九回 らかん仏教文化講座


冠婚葬祭と仏教


2019年2月24日(日)18:00-20:30 


葬儀の近代化と仏教

山田慎也(国立歴史民俗博物館 准教授)


仏前結婚式の誕生

武井謙悟(駒澤大学大学院 博士後期課程)記事を保存

第8回らかん仏教文化講座「初詣の誕生 鉄道は寺社参詣をいかに変えたか?」を開催いたしました。

九州産業大学准教授の平山昇先生による華麗なトークで盛り上がりました。

rakan81.jpeg 

初詣が川崎大師から始まった話、国鉄が初詣のフライング終夜運転を始めた話、鉄道会社が賃金の値下げ、サービス競争にしのぎを削った話など鉄道好きの方にもお楽しみいただけたと思います。

rakan82.jpg 
去る11月25日(日)に、9月の東京都北区石神井川コースに続く、としまコミュニティ大学の仏教文化を知る街歩きを開催いたしました。今回は、文京区の春日周辺の寺院を巡るコースで、30名以上の方にご参加いただきました。
当日は、礫川公園に集合し、東京都戦没者慰霊苑から、こんにゃくえんまで知られる源覚寺にまわりました。源覚寺には、戦前、当時日本領だったサイパンの南洋寺に搬出され、その後戦火の中行方不明になるも、戦後1965年に米国・テキサス州で発見された「汎太平洋の鐘」があります。東京都戦没者慰霊苑とともに、戦争の記憶をその数奇な運命とともに今に留めるものとなっています。
さらに、善光寺坂に並ぶ、慈眼院・澤蔵司稲荷と善光寺をめぐり、最後に傳通院に到着しました。慈眼院と善光寺は、いずれも元は傳通院の塔頭で、善光寺坂も伝通院の敷地でした。善光寺坂は、明治以降の町の開発にともなって新たな生活道として整備されたとのことです。今回のまち歩きは、距離にすると短いコースでしたが、善光寺や傳通院では、それぞれお寺の方にご案内していただき、参加者の皆さまには満足していただけたようです。
IMG_20181125_135742.jpg 

IMG_20181125_143856.jpg 

IMG_20181125_150823.jpg 




当日講師:魚尾和英・河田純一